THINK ON YOUR FEET

法人のお客様



「自分の能力を高め、組織や社会に貢献したい」

多くの人材は自分を高める欲求があります。

ただし、自分事でなければ人は動かない。

 

一方、企業・組織は自社が成果を出すために、人の力を使う立場です。

どのような課題があり、どのような方法が自社・組織に望ましいか。選ぶのは企業・組織の皆様です。

 

働く人の欲求と、企業の期待、双方にとって最適な
方法を探しましょう。

 




階層別研修(例)

 

  • 上級管理職

   自社に関する説明責任能力・発信力強化

  • 管理職:

   「指導・育成」「方針・戦略伝達と日常の部下との合意形成」「説得力を増す構成と語り」

   「自分の考えを端的に表現するファスト・シンキング」

  • 中堅社員:

   「顧客対話のための説明・交渉力向上」「自分の考えを端的に表現するファスト・シンキング」

   「相手のパーソナリティに応じた対人能力向上」「考え事・企画の効率化」

  • 若手社員:

   「仕事の関係者との課題を自分で解決する」

   「新入社員が身につける倫理とビジネスマナー」

 

 


目的別研修(例)

  • 専門職・技能職:

    知識や情報を相手に合わせスピーディかつ簡潔に説明する

    わかりやすく・見やすい資料を作成するための考え方

    自己の行動分析と改良による職務遂行力向上   

  • 営業職:

    顧客との面談の時間を相手のために使う。自分が端的に発言する思考と話法

    エレベーターピッチ(限られた時間で素早く情報を伝える)

    顧客のパーソナリティに応じた企画の提示と話しの組み立て

  • 部門横断型:

    全社共通情報を用いた会社理解、価値創造ワークショップ

カスタマイズ(例)

  • ダイバーシティ・女性:

    社員が生産的に、いきいき働くためのマネジメント

    「考える」「考えられる」「発言できる」論理×発言方法強化研修

    自己分析による強み強化・弱み改善研修

    仕事の効率を高めて成長するための自己課題解決

  • 新入社員:

    ビジネスライティング

    フォロー研修

    ビジネスにふさわしい話し方

採用実績とねらい

  • 上級管理職:

    会社方針を分かりやすく説明し、一貫してその内容から発信・発言する

  • 女性:

    自分の考えを分かりやすく整理し、参謀として発信できるスキルトレーニング

    会議で主張できる論理力を身につける

    自分らしさを維持し、会社で貢献できるためのワークショップ

  • 新入社員

    学生から脱皮するためのビジネス倫理とマナー

  • 心技体 ~ビジネスにふさわしい凛とした姿勢をつくるためのボディワーク~