THINK ON YOUR FEET

THINK ON YOUR FEET®



考えをすばやく整理し、わかりやすく伝えるためのトレーニングプログラムです。

世界約30か国、延べ500社に採用され、日本国内でも参加者から4.0+/5 (平均値)の

高い評価を得ています。

 

私たちは「相手の話をよく聴くこと」を大切にするよう言われます。

それに比べ、「人に上手に伝えられること」 「考えを練ること」は、プレゼンテーション対応が主流です。

「聴くこと」を重視し、「発信すること」を二の次にすると、どのようなことになりますか?

 

   「聴き手に、自分の話をうまく処理して理解することを強いる」 ということ

 

ビジネスコミュニケーションは、90%以上が「口頭での」「瞬時の」やり取りであると言われます。

日本流のコミュニケーションはハイコンテクストと言われ、曖昧な中で「察する」ことが前提にあります。
私たちはこの方式に慣れ親しんでいます。

ところが、ビジネスシーンでは指示命令や約束事など、曖昧さを減らすべきシーンが多くあります。

ローコンテクストと言われる、「具体的かつ十分な内容説明」が求められるのです。

 

ハイコンテクストとローコンテクストの二刀流によって、コミュニケーションのバリエーションは
大きく広がります。 

 

コース概要・スケジュール  

  • 話を組み立てる(6+4)

    シンプルな話の組み立てや構造を学びます

  • 相手の視点・記憶のポイント

        独りよがりの内容にならないよう、客観的な目を加えて準備するようプログラミング

   されています

  • 厳しい質問・相手からの反論に応える

        困った状況こそメソッド活用~突然起こる、厳しい意見や質問に答える対策~

  • 総合演習

   

        *受講用ワークブックを用意します。

    *通常の研修方式では2日、13時間を目安としています(昼食時間を除く)。

 

 演習、演習、また演習。自身の知識や情報を駆使する、実践的な内容です。

 

コースの特長

  • 「瞬間の思考」を使う場面は無限にあります。受講後は毎日がトレーニングの場です
  • 基本的な行程を受講すると、15回に及ぶ演習があります。大切な要素を実践的に1つずつ

    積み上げ、 すべての要素を使えるようになります

  • 受講終了時には従来の課題と、何が変わったかが明確にわかります
  • シンプルで、緊張感が高い時こそ即興で使える技法です。いざというときの救急箱のようです
  • スキルトレーニングは継続により身につくものですが、脳科学や認知科学で実証されている方法を
    巧みに用いることにより、本コースは短期間でも習得効率が高くなるようデザインされています
  • いわゆる「プレゼンテーション」への対応はもちろんのこと、日常のビジネスコミュケーションに
    圧倒的に多い「即興・即応」に重点を置いています

 

期待できる効果

  • 突然問われて答えられなかった残念な状況を、知識や能力を示す機会に変える ことができます。
  • 上手く話せなかったり、不十分だったと後悔することが減ります。
  • あらかじめ準備する時間が少なくても、もっとも重要なことに集中して話を組み立てる
    ことが できます。
  • 長く話しがちな人は適切な量にボリュームを抑えることができ、また、話すことに自信が
    ない人は雄弁さを捨てて、今もっとも必要な事項を伝えることができます。
  • 「要は何が言いたいのか」「簡潔に話してほしい」と他者から言われたり、わかりにくそうな
    顔をされることが減るでしょう。
  • 会議や企画の時間を短くし、時間生産性が高まります。
  • スライドやメールに書き込みすぎる傾向を抑えることができます。
  • 「言葉」「文章(センテンス)」「概念(コンセプト)」について自己理解が深まり、巧みに
    使えるようになります。
  • 相手があなたの話のポイントを受け取ってくれることが期待できます。

受講された方々からの声

  • 学んだ方法で役員に情報を伝えた。終わってから「とても参考になった」と言われた。
    期待以上だったらしく、以後も頼られることが多くなりました。(管理部門)
  • 自分にもとても役に立ったが、これは社内外に発信する人(社長や管理職)に
    受けてもらい たい。
  • 仕事は十分評価されるだけしていますが、話すのが苦手で会議で発表できませんでした。
    学んだことを使って会議で発表したところ、内容が議事録に残されていて伝わったと
    実感し、ガッツポーズしました。(営業部門)
  • もっと早く知りたかった、学びたかった!仕事の仕方やキャリアが変わっていたかも
    しれないと思うと、ちょっと悔しかった。
  • 体系的に考えをまとめていくことで頭が整理され、取捨選択のスピードが速くなった
    ような 気がします。
  • 資料を読み込み、情報を収集するときの工夫を見つけ、効率が格段に上がりました
    (秘書)
  • 他のセミナーを受講しなくても、これは十分だということに気づき(ロジカルシンキング、
    プレゼンテーション等)自信を持つことができました。(会社社長)
  • 受講翌日にテレビのインタビューを見て、話を整理して聴くことができている自分に
    驚いた。(営業管理)
  • 複雑な問題も分解して考えられるようになっている(気がする)。強力なツールを手に入れた。
  • プロジェクトのあらゆる場面で活用できる。特に相手を説得したり交渉したりする場面。
  • 話がグダグダにならないで済む自信がついた。(管理職)

 

採用実績とねらい

 【組織】

  開発・生産: 技術を社内外に説明し、受注や社内でのプロジェクトを円滑にするため

  管理部門: メールや書類作成の簡潔さ、効率化を目指す。合理化のためコミュニケーション

  保守サービス: 専門的知識を顧客理解や納得が進むよう説明し、顧客満足度を高める

  IT: 顧客との詳細打ち合わせに向け、開発・企画の交渉や説明、社内部門横断的な交渉・
    調整力向上、プロジェクトマネジメント能力の向上

  製薬: MR(営業)、薬事、マーケティング各部門のミッションパフォーマンス向上、部門横断的
     業務のガバナンス向上(添付文書説明、医療機関への情報提供、資料作成および活用)
     医療関係者との面談や情報提供の演習、説明会対応

  サービス: 顧客から瞬時に説明を求められることを想定した説明のためのトレーニング

 

 【人】

  研究者: 論文発表や予算獲得のための研究成果説明力向上

  管理職: 自部門での説明力強化、ミッション中心のコミュニケーョン能力向上

  女性:  社内業務を的確に行うための簡潔なコミュニケーション、業務知識の整理と説明力向上